二泊三日の野外活動

Last Update 2006/10/03


 9月29日、健康増進を目的とするウォーキング・グループの仲間5人と、宿泊先・長野県川上村に在る武蔵野市が所有する「武蔵野市立自然の家」を目指して、JR三鷹駅北口を19:00に市が手配してくれた小型バスで出発、中央自動車道長坂ICを経由して約3時間半ほどで到着。

 翌日は、国道229号線から15分ほど入ったところの標高2115bに位置する、周囲を「苔」が美しい原生林に囲まれた「白駒池」 周辺の散策に出かけた。紅葉を期待していたが、後一週間後辺りが見頃とか。自然を満喫しながらの白駒池周辺散策、帰路は、南相木村の温泉「滝見の湯」(入浴料¥350)で疲れを癒し宿舎へ。

 12:30、出発前の時間を利用して、宿舎近傍の「白樺の森」を探索、これほど白樺が群生しているとは想定外、健康増進を目的とする我々グループの面々にとっては、天候・ロケーション・仲間にも恵まれて、大いに満足度の高い二泊三日の野外活動でした。